敏感肌向け保湿化粧品を選ぶ際のポイント

敏感肌だと化粧水選びにも苦労しますよね?肌に合わずにかぶれてしまうともうその化粧水は使えないし、元の状態に戻るまである程度の時間が必要。

できることなら化粧水選びはもう失敗したくない。そこで敏感肌でも怖くない化粧水選びのポイントについてご紹介します。

敏感肌でも失敗しない保湿化粧品の選び方

敏感肌の人が保湿化粧品を選ぶにあたり注目すべきポイント、それはズバリ

  • 保水力に優れた成分が配合されている
  • なるべく添加物の配合されてない

この2点に他なりません。

髪が触れるだけでかぶれたり、普通肌の人が問題なく使える化粧水もしみてヒリヒリしたり赤くなってしまうことがあるのが敏感肌。

医学的な病名ではありませんが、敏感肌は肌のバリア機能が低下していて外部の刺激に弱い特徴があります。

そこで敏感肌にとって保湿は欠かせないケア。使用感だけの「なんちゃって保湿化粧品」ではなく、本当に肌の奥まで潤いを与える保湿化粧品を選ぶことが重要です。

美容成分のなかでも随一の保水力を誇るのはセラミドです。セラミドは肌のバリア機能を高めてくれるので敏感肌の強い味方成分。

なかでも、保湿力が高く低刺激のヒト型セラミド(セラミド2・セラミド3・セラミド6・セラミド10)がおすすめです。だからといってセラミドの配合表記だけで購入を決めるのは安易。

セラミド配合量もチェックすることが保湿効果の高い化粧水を見つけるコツです。セラミド配合量がしっかり明記されているものだと安心ですね。

セラミドは水溶性ではないため、セラミド配合の化粧品は乳液・クリーム状のものが多い傾向にありますよ。

また、アルコール・エタノール・パラベン・着色料・香料などの刺激の強い添加物が配合されていないものを選ぶことも大切。

成分が確認できない場合は「界面活性剤不使用」「パラベンフリー」「アレルギーテスト済み」などの表記を参考にすること。

肌に優しいと思われがちなオーガニック化粧品・自然派コスメも選ぶ時は慎重に。使われているのが天然成分だからといって、肌に刺激を与えないとは限らないのです。

セラミド入り・無添加の保湿化粧品は、敏感肌におすすめできる商品ではありますが、もし、実際に肌につけてみて違和感を感じるようであれば使用しないこと。

その化粧品を初めて使う場合は、生理前〜生理中は避け体調の整った時に、狭い範囲で少しずつ試していくのが安全です。

敏感肌でも後悔しない保湿化粧品の使い方

敏感肌には、先天性敏感肌と後天性敏感肌の2種類があります。先天性敏感肌は、生まれつきで遺伝的に肌が弱い人。しかし、後天性敏感肌の人は普通肌だったのに、生活環境・過剰なスキンケアによって敏感肌になってしまった人を言います。

どちらの敏感肌であっても、守らなければならない鉄則のルールが存在します。

  • 肌に摩擦を与えない
  • 紫外線対策

洗顔する時、化粧水をつける時、もしかして手でゴシゴシやってはいませんか?ただでさえデリケートな敏感肌は優しく触れること。洗顔・クレンジングもモコモコの泡で優しくなぞりましょう。

洗い流す時・タオルで水気を取るときも赤ちゃんに触れる感覚でソフトタッチに行うのが基本です。化粧水をつけるときも、刺激になるコットンは避けて優しくゆっくりハンドプレスするように。

紫外線対策は夏に限らず、1年中行ってください。せっかく保湿を徹底していても紫外線ダメージによって肌が乾燥してしまいます。

SPF・PAの数値が高ければ日焼けしにくいのは事実ですが、その分、肌への負担も高くなります。日常・レジャーで日焼け止めクリームを使い分けるなどして、肌負担を減らしてあげる日も作ってあげましょう。

この2つの鉄則ルールを普段から意識してあげれば、後天的敏感肌の人は症状が改善する可能性も大いに期待できますよ。

季節ごとの保湿ケアはどんな点が違うの?

若いうちはいいですが、ある程度の年齢になってくると季節に合わせてスキンケア・保湿ケアも変えていかねばなりません。季節に適したスキンケア・保湿ケアをして若々しい肌年齢をキープしましょう。

春夏秋冬でこんなに違う?季節ごとの保湿ケア

保湿ケアと聞くと「乾燥が目立つ時だけやれば良い」と勘違いしていませんか?

でも保湿ケアは1年中すべきスキンケア。では季節ごとの保湿ケアすべき要点を簡単にまとめてみました。

  • 春:自律神経が乱れやすく、紫外線ケアも重要になる季節
  • 夏:美白対策ばかり気にして、インナードライになりやすい季節
  • 秋:夏のダメージが表面化して、新陳代謝が鈍くなる季節
  • 冬:保湿しても保湿しても、乾燥してしまう季節

乾燥の激しい冬を終えて、ついつい保湿ケアを怠りがちですが【春の保湿ケア】はどういう点に気をつけるべきなのでしょうか?

春は過ごしやすいとはいえ、昼夜の温度差も激しく湿度も低いことから乾燥しやすい季節。新生活の慣れない環境に、ストレスを抱えやすく自律神経・ホルモンバランスも乱れがち。

さらに、花粉・黄砂が舞っているため、肌トラブルも起こりやすいです。クレンジングに重点をおいて汚れ取り除いてあげることが大切。クレンジング後はたっぷり保湿して肌をしっかり休めてあげましょう。

夏に比べてマシと思われがちな紫外線も、A波(UVA:シミ・しわの原因となる)の量は夏が来る前の5月がピーク。UVケアも徹底してあげることで、肌のダメージを最小限に抑えて乾燥から守ることができるのです。

【夏の保湿ケア】は美白ケアに気を取られて乾燥対策を忘れがち。湿度も高く肌がベタつきやすい夏には保湿不要と考える人も多いですが、それは間違い。汗とともに肌の水分が流れ出てインナードライ状態にあります。

インナードライはこれ以上水分が出ていかないように皮脂を分泌するのですが、この皮脂をテカリと判断して取り除いてしまうと、さらなる皮脂分泌を促進してしまうのでNG。冷房も乾燥を加速させます。

インナードライには保水力の高いセラミドがオススメ。テカリが多いと感じるなら、コットンパックもしてあげて。パック後にはクリームでフタすることで、翌朝ももっちり感を持続してくれます。

夏の紫外線ダメージ・疲れがでやすい【秋の保湿ケア】は乾燥ジワのでやすい目元・ほうれい線を重点的に。

肌のごわつきは角質がたまっている証拠。秋は新陳代謝が鈍る季節でもあるので、こまめな角質ケアでターンオーバーを促すことも大事。シミのもとになるメラニンを排出してしまいましょう。

スチーマーや蒸しタオルで十分に肌を温めてから化粧水・美容液をつけてあげると浸透力が増します。さらに、化粧水にオイルをプラスすることで乾燥しらずの肌に。

乾燥が気になる部分には美容液の重ねづけするのも有効。この秋の保湿ケアをしっかり行っておくことで、冬の乾燥に立ち向かうことができるのです。

積極的な保湿を心がけているつもりでも乾燥してしまう季節。冬は、暖房だけでなく汗をかきにくいことでも、肌の潤いが逃げてしまっているってご存知でした?

【冬の保湿ケア】では保湿だけでなく、肌のコンディションを整えてあげることも大事。寒さで滞りがちな血流を良くするために、肌やデコルテをしっかりマッサージしましょう。リンパの流れにそってやさしくマッサージして

また、冬は水分だけでなく皮脂量も減少気味。皮脂が足りなければ水分を与えても蒸発してしまうので、水分を逃がさないよう保湿ケアの最後に油分をプラスしてあげて。

一通りのスキンケア+オイルのあとにシートマスクで保湿すると、冬の乾燥に負けないしっとりとした肌になりますよ。

これぞ保湿ケアの鉄則!季節を問わないスキンケア方法

最後に季節に関係なく保湿ケアの基本のキについて。当たり前すぎて逆におろそかにしやすいスキンケア方法もご紹介します。

  • 洗顔はたっぷりの泡でなでるように
  • 洗顔はぬるま湯&短時間
  • 洗顔後はすぐスキンケア
  • 良質な食生活が美肌を作る
  • 睡眠不足は美肌の大敵

洗顔は汚れをしっかり落とそうとゴシゴシ洗いがち。しっかり泡立てて肌に触れるか触れないかのソフトタッチでなでるように洗いましょう。ゴシゴシ洗いは肌のキメを破壊して乾燥を招いてしまいます。これではせっかく保湿ケアをしていても意味がありませんよね。

また、洗い流すときは少し冷たいと感じる程度のぬるま湯で。熱めのお湯は肌に必要な皮脂まで取り除いてしまい、肌のバリア機能が弱まってしまいますよ。

洗顔後すぐから水分が蒸発していくので、なるべく早く保湿ケアをすること。スキンケアのスタンバイOKの状態を確認してから洗顔する!くらいの意識をもっておきましょう。

化粧水はコットンよりも手のひらにつけて温めてからつけたほうが保湿力が高くなりますよ。

美肌作りは保湿ケアだけでは成立しません。日頃から良質な食事を摂ることも大切です。良質な食事とは「お高い食事メニュー」ではなく、栄養バランスの整ったものを指します。肌を作るタンパク質・ビタミンの多く含まれた食材を選びましょう。

睡眠不足は成長ホルモンの分泌を妨げるだけでなく、肌のターンオーバーも乱してしまいます。最低でも6時間は寝たいものです。

寝る1時間前はスマホ・PCなどは見ず、部屋を薄暗くしてアロマを炊く、着心地の良いパジャマを着るなどして、上質な睡眠が取れる環境を用意するのも◎

美容に良いと言われている注目のアイテム特集

昔はスキンケアと言えばほぼ全てが化粧品のカテゴリーに入っていましたが、今は体の中からきれいにするという概念も一般的となり、様々なタイプの商品が発売されるようになりました。

そこで今回は、いま巷で話題の美容アイテムを取り上げてみたいと思います。

アスタリフト(ドリンクタイプ)でコラーゲンを注入!

フジフイルムと言えば、写真で有名なメーカーですよね。しかし、なぜフジフイルムが美容の商品、それもコラーゲンドリンクを販売しているのでしょうか。

実は、写真のフィルムはコラーゲンととても密接な関係にあったのです。なんと写真の原材料の約半分がコラーゲンなのです。

長年の写真に使うコラーゲンの研究が、美容分野でも利用されることになったのですね。

フジフイルム独自の研究を生かして作られた、アスタリフトのコラーゲンドリンク。低分子コラーゲンが10000mgも配合されており、短い期間で効果が実感できます。

フジフイルムならではの生産方法で作られた低分子コラーゲンは、体内で一度分解されてもムダになるものが無く、効果的に吸収されていきます。味はピーチヨーグルト味で、海洋性コラーゲン特有のにおいはせず、おいしく飲みやすい味。

なんと、冷やさず常温で飲んでも臭みがない!という代物。毎日飲むものなので、おいしい味はとても重要ですよね。

見た目はとろっとしていて、コラーゲンがたっぷり入っているのがわかります。アスタリフトは3種類のコラーゲンが配合されていて、さらにその吸収を助ける「オルニチン」も入っているので、とても効果的にコラーゲンが肌に働きかけます。

飲んで4日目に入ると、肌の色やくすみに効き始め、キメが整いハリがでてきます。肌にハリが出てくると、自然と口角も上がるので、表情も変わってきますよ。

美白効果も高く、ずっと続けて飲みたいと思わせる商品です。

海麗プレミアムは海洋性コラーゲン配合で美容成分を無駄無く吸収

ニッスイの「海麗プレミアム」は海洋性のコラーゲンがたっぷり5000㎎も入った、コラーゲンドリンク。体に吸収されやすい「低分子コラーゲンペプチド」なので、配合されているたくさんのコラーゲンが、ムダなく体内に吸収されます。

マリンコラーゲンなのでコラーゲン特有の味も少なく、しかも飲みやすいリンゴとオレンジのおいしいミックスフルーツ味。毎日飲むのが楽しみになる味です。

味もおいしいけれど、なんといってもカロリーが低いのがうれしい!1本あたり、わずか24キロカロリーなのでダイエット中でも気にせず飲み続けることができます。

コラーゲンだけでなく海洋性のコンドロイチン、ヒアルロン酸の元である「N-アセチルグルコサミン」も入っているので保湿性もバッチリ。飲み続けているとハリのある素肌になっていきます。

コラーゲンに大切なビタミンも含まれているので、「海麗プレミアム」1本だけで充分なんです。小さいビンだけど、この1本にビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6など肌の成長を助けるたくさんの栄養素の一日分が凝縮されているのです。

コラーゲンの生成にはビタミンが必要不可欠。それが一緒に摂れるのですから効果が違います。

お試しの10本の半分飲むか飲まないかのところで、洗顔後のお手入れの時の肌に差が出ているのがわかります。やはりビタミン配合だと、効果が出るのが早いですね。

他のサプリメントが必要ないのも助かります。いろいろなサプリメントを揃えるだけで出費がかさみますからね。

おいしく肌をケアできる「海麗プレミアム」は、効果を早く実感したい人にお勧めできます。

コラーゲンの働きをおさらいしよう!

コラーゲンとは、皮膚はもちろん、軟骨や血管、筋肉などに多く含まれているタンパク質の一種です。体の水分を保持し、乾燥を防ぎます。

また、柔軟で伸び縮みする性質を持っているので、肌にはハリと弾力を、血管や筋肉にはしなやかさと強靭さを与えます。

コラーゲンは美容にはもちろん、健康にもとても重要な役割を持っているのです。コラーゲンは体内で生成されますが、年齢による新陳代謝の低下により、その量は減少していってしまいます。

その結果、肌にハリが感じられなくなったり、髪にツヤがなくなったりと、見た目に顕著に現れてきます。見た目に現れる前に、食事やサプリメントで適度にコラーゲンの補給をすることが大切です。

コラーゲンは、分子が大きいので、皮膚からの吸収はされません。主に経口摂取で補うことになります。

コラーゲンの補給に適している食品は、マシュマロが有名ですね。しかし糖分が多いので、一度に食べられる量に限度があります。体重や糖分の摂り過ぎが気になる方は、サプリメントやコラーゲンドリンクなどで補給する方が健康的にコラーゲンを補い続けることができるでしょう。

より効果的にコラーゲンを摂取するためには、コラーゲンドリンクがおすすめです。最近の商品は、コラーゲン独特のしつこさを感じさせずに、おいしく飲めるものが増えています。

それでもコラーゲン特有の味が気になる方は、食事や飲み物に混ぜて摂取できるタイプの物を使うと、味を気にすることなく使うことができます。

コラーゲンとビタミンC

ビタミンCは肌の新陳代謝を促す事はもちろん、血液中のコレステロール値を下げたり、風邪予防にも効果がある人間の体とは切っても切れない、重要な栄養素の一つです。

また、体内のコラーゲンを生成するためにも必要であり、美容にとっても必要不可欠なものです。

ビタミンCはコラーゲン以外にもビタミンEの再生作用に関わっており、結果的に体内の活性酸素を減らすことにも役立っています。

ビタミンCは水溶性ビタミンなので、体内に蓄積することができず、摂取しすぎても体外に排出されてしまいます。その為、毎日摂取し続けなくてはならないのです。

しかし、毎日食事から摂り続けるのはなかなか難しいもの。コラーゲンの補給と同じく、サプリメントなどの栄養食品で補うのが、一番手軽に摂取し続けられる手段でしょう。

ただ、一日分を一度に摂取しても、体外に排出されてしまいます。その為、一日3回ほどに少量に分けて摂取すると、ムダなく効果的に体に吸収されます。

コラーゲンをサプリなどで摂取しても、ビタミンCが不足しているとコラーゲンが体内で生成されず、ムダになってしまいます。ビタミンCが不足すると、コラーゲンも不足してしまうのです。

その為、コラーゲンとビタミンCは密接な関係にあり、どちらかが不足しても意味がありません。美容のためにコラーゲンを補う時には、同時にビタミンCも摂取することが重要です。

コラーゲンの効果を最大限に発揮させる為に、必ずビタミンCも忘れずに補うことにしましょう。