季節ごとの保湿ケアはどんな点が違うの?

若いうちはいいですが、ある程度の年齢になってくると季節に合わせてスキンケア・保湿ケアも変えていかねばなりません。季節に適したスキンケア・保湿ケアをして若々しい肌年齢をキープしましょう。

春夏秋冬でこんなに違う?季節ごとの保湿ケア

保湿ケアと聞くと「乾燥が目立つ時だけやれば良い」と勘違いしていませんか?

でも保湿ケアは1年中すべきスキンケア。では季節ごとの保湿ケアすべき要点を簡単にまとめてみました。

  • 春:自律神経が乱れやすく、紫外線ケアも重要になる季節
  • 夏:美白対策ばかり気にして、インナードライになりやすい季節
  • 秋:夏のダメージが表面化して、新陳代謝が鈍くなる季節
  • 冬:保湿しても保湿しても、乾燥してしまう季節

乾燥の激しい冬を終えて、ついつい保湿ケアを怠りがちですが【春の保湿ケア】はどういう点に気をつけるべきなのでしょうか?

春は過ごしやすいとはいえ、昼夜の温度差も激しく湿度も低いことから乾燥しやすい季節。新生活の慣れない環境に、ストレスを抱えやすく自律神経・ホルモンバランスも乱れがち。

さらに、花粉・黄砂が舞っているため、肌トラブルも起こりやすいです。クレンジングに重点をおいて汚れ取り除いてあげることが大切。クレンジング後はたっぷり保湿して肌をしっかり休めてあげましょう。

夏に比べてマシと思われがちな紫外線も、A波(UVA:シミ・しわの原因となる)の量は夏が来る前の5月がピーク。UVケアも徹底してあげることで、肌のダメージを最小限に抑えて乾燥から守ることができるのです。

【夏の保湿ケア】は美白ケアに気を取られて乾燥対策を忘れがち。湿度も高く肌がベタつきやすい夏には保湿不要と考える人も多いですが、それは間違い。汗とともに肌の水分が流れ出てインナードライ状態にあります。

インナードライはこれ以上水分が出ていかないように皮脂を分泌するのですが、この皮脂をテカリと判断して取り除いてしまうと、さらなる皮脂分泌を促進してしまうのでNG。冷房も乾燥を加速させます。

インナードライには保水力の高いセラミドがオススメ。テカリが多いと感じるなら、コットンパックもしてあげて。パック後にはクリームでフタすることで、翌朝ももっちり感を持続してくれます。

夏の紫外線ダメージ・疲れがでやすい【秋の保湿ケア】は乾燥ジワのでやすい目元・ほうれい線を重点的に。

肌のごわつきは角質がたまっている証拠。秋は新陳代謝が鈍る季節でもあるので、こまめな角質ケアでターンオーバーを促すことも大事。シミのもとになるメラニンを排出してしまいましょう。

スチーマーや蒸しタオルで十分に肌を温めてから化粧水・美容液をつけてあげると浸透力が増します。さらに、化粧水にオイルをプラスすることで乾燥しらずの肌に。

乾燥が気になる部分には美容液の重ねづけするのも有効。この秋の保湿ケアをしっかり行っておくことで、冬の乾燥に立ち向かうことができるのです。

積極的な保湿を心がけているつもりでも乾燥してしまう季節。冬は、暖房だけでなく汗をかきにくいことでも、肌の潤いが逃げてしまっているってご存知でした?

【冬の保湿ケア】では保湿だけでなく、肌のコンディションを整えてあげることも大事。寒さで滞りがちな血流を良くするために、肌やデコルテをしっかりマッサージしましょう。リンパの流れにそってやさしくマッサージして

また、冬は水分だけでなく皮脂量も減少気味。皮脂が足りなければ水分を与えても蒸発してしまうので、水分を逃がさないよう保湿ケアの最後に油分をプラスしてあげて。

一通りのスキンケア+オイルのあとにシートマスクで保湿すると、冬の乾燥に負けないしっとりとした肌になりますよ。

これぞ保湿ケアの鉄則!季節を問わないスキンケア方法

最後に季節に関係なく保湿ケアの基本のキについて。当たり前すぎて逆におろそかにしやすいスキンケア方法もご紹介します。

  • 洗顔はたっぷりの泡でなでるように
  • 洗顔はぬるま湯&短時間
  • 洗顔後はすぐスキンケア
  • 良質な食生活が美肌を作る
  • 睡眠不足は美肌の大敵

洗顔は汚れをしっかり落とそうとゴシゴシ洗いがち。しっかり泡立てて肌に触れるか触れないかのソフトタッチでなでるように洗いましょう。ゴシゴシ洗いは肌のキメを破壊して乾燥を招いてしまいます。これではせっかく保湿ケアをしていても意味がありませんよね。

また、洗い流すときは少し冷たいと感じる程度のぬるま湯で。熱めのお湯は肌に必要な皮脂まで取り除いてしまい、肌のバリア機能が弱まってしまいますよ。

洗顔後すぐから水分が蒸発していくので、なるべく早く保湿ケアをすること。スキンケアのスタンバイOKの状態を確認してから洗顔する!くらいの意識をもっておきましょう。

化粧水はコットンよりも手のひらにつけて温めてからつけたほうが保湿力が高くなりますよ。

美肌作りは保湿ケアだけでは成立しません。日頃から良質な食事を摂ることも大切です。良質な食事とは「お高い食事メニュー」ではなく、栄養バランスの整ったものを指します。肌を作るタンパク質・ビタミンの多く含まれた食材を選びましょう。

睡眠不足は成長ホルモンの分泌を妨げるだけでなく、肌のターンオーバーも乱してしまいます。最低でも6時間は寝たいものです。

寝る1時間前はスマホ・PCなどは見ず、部屋を薄暗くしてアロマを炊く、着心地の良いパジャマを着るなどして、上質な睡眠が取れる環境を用意するのも◎